SDGs カードゲームのイベントに参加してきた

こんにちは。先日、SDGsカードゲームのイベントに参加してきました。

SDGsカードゲームとは?

唐突に「SDGsカードゲーム」と言われてもなんだそりゃ?という感じですよね苦笑 簡単に説明します。

まず「SDG」とは

Sustainable(持続可能な)

Development(開発)

Goal(目標)

の略で、それが複数あるので「SDGs」となっています。

これを掲げている組織が国連で、「2030年までにこれらの目標を達成しよう!!」というものです。

国連広報センターは

”人間、地球及び繁栄のための行動計画として、宣言および目標をかかげました。この目標が、ミレニアム開発目標(MDGs)の後継であり、17の目標と169のターゲットからなる持続可能な開発目標(SDGs)です。”

(国際広報センターWEBサイトより引用)

としています。

SDGsの目標一覧
SDGsの目標一覧

日本だとピコ太郎が外務省公認でプロモーション動画を作ってますね。

と、唐突に言われても「・・・(O_O)」という感じだと思います。 そこで、それらをわかりやすくかつ楽しく体験しよう、というのがSDGsカードゲームです。




私が参加したきっかけ

上で色々説明なんてしていますが、私自身参加のきっかけは、

・知人が関わっているプログラムでなんかおもしろそう

・友人に行こうと誘われた

というレベルでの参加です(今思えば恥ずかしい)。国連の達成目標とか自分と遠いものだなあヽ(´o`;とくらいしか、思ってませんでした。。。

実際参加してみてどうだったか

単純に面白かったです。ですが、自分たちが社会に対して何ができるか、また今まで自分の行動がどういう傾向があるか、というのをゲームを通じて考えさせられました。

結局どんなカードゲームなのか

ルールをここで説明しても多分「???」となるのでここでは割愛させていただきますが(このゲームは特に習うより慣れろ系なゲームだと思います)、自分の達成した行動が、社会全体(ゲームだったらゲームの会場全体)に影響を与えるんだな、ということがわかります。(多分)
そういうことから、個々人の意識やそれに伴う行動って大切で、そういうものが集まって社会って成り立ってくんだなというのを私の場合は感じました。

自身の反省

いやね、ひどかったですよ、本当に。
チームごとに、お金のカードを集めるチーム、時間のカードを集めるチームなど目標がそれぞれ違うんですが、私たちの場合お金だったんです。
でまあ、「ゲーム終了までにお金のカード12枚以上集める。そしてゲーム終了後にはそのお金を豊かに使える社会が広がっている」みたいなね。
で、私たちの場合「お金を集めること」に集中しすぎてしまってね。目標より多くお金を集めたのですが、ね。もう金の亡者ですよ。。。もっと余分に稼いだお金を社会に有効活用できるようにしたらよかった、と深く反省。。。

それに、クリアした課題も、結果としては社会が良くなるものばかりでしたが、「とりあえず今達成できそうなものをクリアしよう!」というもので、社会はおろか、自分たちの損得も考えてませんでしたからね。。。これ、実世界だったらまじでやばいよ、これ。

とまあ、私は猛省しておりますorz 最初、国連の目標なんて自分とは程遠いものだと思っていた私ですら(私だから?)色々気づきの多いゲームです。ご興味のある方は是非。

体験ゲームに参加するには
イマココラボ WEBサイト

SDGsについて詳しく知る
国際広報センター 2030アジェンダ

Sustainable Development Goals: 17 Goals to Transform Our World (英語サイト)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です