実録:鶴岡八幡宮 例大祭の神幸祭を見た

ここ最近ずっと鎌倉ネタなので、お察しがつくとは思いますが、つい最近鎌倉に行って来ました。

ちょうど鎌倉に行った日が鶴岡八幡宮の例大祭でした。

例大祭ってなに?

例大祭とは、その神社の最も重要なお祭りのことだそうです。

だから、ちょうど鶴岡八幡宮の最も重要なお祭りが行われていたんですね。(なにも考えずに行ってしまった)

鶴岡八幡宮では毎年9月14日から16日が例大祭なのだそうです。800年以上続いているとか。最終日の16日には流鏑馬もあるらしいですよ。

詳しくはこちらをご覧ください→鶴岡八幡宮 祭りの意味 例大祭

境内にはなにやら、行事の格好をした方達がチラホラいらっしゃいました。

鶴岡八幡宮 境内内にて。
鶴岡八幡宮 境内内にて。

本宮前に人混みが。。。

さて、私はと言えば、どうせ混んでるし、そんなことは置いといて、本宮にお参りして、御朱印もらって鎌倉散策だー、なんて思っていたのですが、本宮に行く前の階段になにやら人混みが。

本宮に行く手前で、なにやら人混み
本宮に行く手前で、なにやら人混み

なんだ、あれは?

どうやらお神輿がしばらくしたら出て行く様子。

この混み具合なら、まだいい場所で観れるかも?

ということで並んでみることにしました。

待つこと10分から15分。

なにやらぞろぞろと伝統衣装に身を包んだ方々が来て、本宮に向かいます。

ぞろぞろと伝統衣装に身を包んだ人たちがやってくる
ぞろぞろと伝統衣装に身を包んだ人たちがやってくる
本宮に向かう一団
本宮に向かう一団

(その間、本宮にお参りしていた人たちは通行止めされていたみたいです。お祭り関連の人が登り切った後、一般の方々がざぁーっと降りて来ました。)

え、これで終わり?

なんだよー、あれだけのために、時間割いちゃったのかあ、と少しがっかりしたのですが、そこに留まる人も結構いたので、待ってみることにしました。

あんまりいい位置でもなかったので、別のポジションを確保。

すると、お神輿前に白い伝統衣装に身を包んだ方々が集まりだします。

お神輿前に集まる白装束の人々
お神輿前に集まる白装束の人々

なにかあるっぽい。

さらに待っていると上から、先ほど上に上がって行った方達が降りて来ました。

上から降りてきた人々
上から降りてきた人々

すると今度は、あの白装束の人々がお神輿を担いでいきます。

鶴岡八幡宮のお神輿1
鶴岡八幡宮のお神輿1
鶴岡八幡宮のお神輿2
鶴岡八幡宮のお神輿2
鶴岡八幡宮のお神輿3
鶴岡八幡宮のお神輿3

おおおおおお。

重そうだなあ。頑張れ!!

鶴岡八幡宮のお神輿は全部で三つ。

応神天皇、神功皇后、比売神のお神輿です(ごめんなさい、どれがどれだかわかりませんでした)。

このお神輿は二の鳥居まで行って戻ってくるようです(見ませんでしたが)。

三日間行われる例大祭のうちの、神幸祭という催しでした。

鶴岡八幡宮 二の鳥居
鶴岡八幡宮 二の鳥居

感想

いやあ。なんだか神々しかったです。

私の中でお祭りのイメージというのは浅草の三社祭のように、庶民主体なイメージだったのですが、全く異なるのでなんだか新鮮でした。

帰って色々調べたら、ものすごく由緒正しいお祭りだったので、そう考えるとあんまり混んでなかったように思います(普段の鎌倉の街の混み具合をよく知らないので、なんとも言えませんが)。

たまたま行ったのにラッキーでした☆

お役立ち

鎌倉近辺の宿泊場所をお探しの方はこちら
Hotels.com

遠距離から鎌倉への旅行をお考えのこちら
新幹線:日本旅行の「新幹線+宿泊」セットプラン
飛行機:JALダイナミックパッケージ(往復航空券+宿泊)(JAL
    航空券+宿泊「旅作」国内ダイナミックパッケージ(ANA)     
    格安国内旅行ならスカイパックツアーズ (スカイマーク)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です