応援公演とは 〜銀魂応援公演に参加〜

昨日に引き続き、実写銀魂つながりです。

応援上映のデジタルサイネージ
応援上映のデジタルサイネージ

昨日、「実写銀魂、ケッコー面白いよ!」という記事を書いたのですが、面白いついでに、私、実は応援上映なるものに行ってきました。

応援上映て何?

私も参加するまでよく知らなかったんですが、上映中に合いの手を入れたり、大声を出したりしてぜんぜんOKっていう公演です。ペンライトも持ち込み可能(どこぞのライブですかここは。)

そんなわけで初応援上映参加です。

どうだった?

あんまり館内で写真撮るの良くないかな、と思って、写真撮ってないです、御免なさい。でもすごかった!!

  1. 満員
    ここ最近ずっと映画離れが進んでる、なんて話を聞きます。私の周りでも「映画高いし、テレビでタダで放映するからいいじゃん。」なんて聞きます(そういうことを聞くたびに、映画ファンとしては悲しくなるけど)。が、この応援公演に関しては満員。すご。人がみっちりです。

  2. 女性ばかり
    コレは何が原因なのかわからないんですが。銀魂の応援公演に関しては、女の人しかいなかった!!もう9割どころか9.5割くらい女性。てか私、男性見てないんですけど。じゃあ全員女性?10割?この女性ファンの多さはキャストがイケメンだから?それとも銀魂って男子に人気ないの?

  3. ここは女子校ですか?
    上の女性ばかりに関連するかもしれません。なぜか、ノリが女子校。
    本編始まる前の映画の宣伝で、イケメン俳優が出ると「フーッ!!!」という黄色い歓声。(まだ本編じゃないんですが)
    銀魂の配給はワーナーなのですが、ロゴが出た瞬間「ワーナーありがとー!!」メインキャストが出るたびに「かわいいよー」「カッコいー!」などなど。
    あれか、主な観客は高校生とか大学生なのか?
    私の隣の隣に座ってた子なんて、キャストと一緒にセリフを大声で言ってた。何回映画見たんだろ?

  4. 年齢層は幅広い!
    上みたいな感じだったので、学生さんが多いのかなーと思ってたんですが、私の隣に座ってた方は結構年配の方。(私の母くらい?)イケメンキャストが目当てなのか、銀魂という作品が好きなのか???何巻か忘れたけど、原作者の空知先生もコミックスで「なぜかお母さん方からファンレターが来る。銀魂は惣菜屋で売っているのか?」って書いてた気がするしな。。。銀魂ってお母さん方に人気なんでしょうか????

  5. レイヤーもいた!
    レイヤー(コスプレイヤーの略称)の方々もいました。気合い入ってるなあ、写真撮ろうかなーと思ったけど、めんどくさくて恥ずかしくてやめました。

どんな人に応援上映お勧め?

そんなわけで、応援上映は、かなり通常の上映と異なります。

応援上映を楽しめる人

応援上映を楽しめる人は
1. 友達と、わー、きゃーいいながら盛り上がりたい人
2.ここぞとばかりコスプレしたい人
3.私がこの回の上映を盛り上げてやるぜ!と気負ってる人(笑)
4.映画館の静けさが耐えられないという人
などなど。「あの空間でみんなで盛り上がりたい!!」という人がいいんじゃないかな。

逆に応援上映をお勧めしない人

下記に当てはまる人はあんまり応援上映が好きじゃないかもしれません。

1. 静かに映画を見たい人
2.空間にゆとりがある状態で映画を見たい人
3.映画を見ながら自分の世界に入りたい人
など。

全体の感想:慣れると結構楽しい

普段、私は静かに自分の世界に入って映画を見たい人なので、応援公演もそのノリで行ったら、びっくりしてしまいました(苦笑) そのあと、慣れてきてちゃっかり合いの手入れたりしてましたけど。でも最初は本当びっくりしたー。私の知ってる映画館じゃない、とか思っちゃいました。でも慣れると結構楽しい。

もし興味のある映画が応援上映をやっていたら、映画、というより映画館の新しい魅力を発見できるかもしれませんね!!

応援上映で配られた、挿入歌パッションの歌詞
応援上映で配られた、挿入歌パッションの歌詞

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です